アコギ

500円ギターの弦高調整したらトラブった

ホーム > ギターメンテナンス > 500円ギターの弦高調整したらトラブった

安いギターには結構よくあります

サドルを削っての弦高調整は割とポピュラーですが、今回思わぬハプニングが起こってしまいました。

サドルの穴にシムが入っていることは、安いギターでは結構あります。サドルは弦の振動をギターに伝える重要なパーツですから、ここに余計なものが入っていてはギター本来の音色を出すことができません。なるべくならサドルのみで弦高は調整したいですね。

サドルそのものはそんなに高くないパーツですし、削りすぎた場合は新しいものにつけかえればOKです。す。サドルの下に何かを挟むのは、あくまでも新しいサドルに交換するまでの応急処置にしたほうがいいです。

<<前のページ 次のページ>>
おすすめ記事&広告
弦の張り方
アコースティックギター弦の張り方
弦を長持ちさせる方法
弾き終わったあと弦を緩めるか否か
アコギの調整&メンテ
アコギの弦高調整&ネック調整
古いヤマハギターのリペアの様子
ギター弾きやすくする3つのポイント
古いギターを蘇らせよう
オクターブチューニングの調整
パーツの交換&取付
壊れたペグの交換
ギターストラップを取り付け
ナット交換&加工のやり方
ブリッジピンが折れた時の対処方法
ギターについた小傷を消す方法
アコギ用ピックアップ取り付け
ギター雑学&豆知識
ローズウッドとマホガニーの違い
ナット幅がギターに与える影響
合板&単板ギターの見分け方
今だから言えるギター裏話
複数ギターのススメ
ギターカタログの読み方
加湿器&除湿機のススメ
いろんなギターケースを見てみよう
100円ショップで買えるギター用品
あると便利なギター用品
ギター各部の名称
アコースティックギター解体新書
壁掛け式ギタースタンド取付