アコギ

500円ギターをネック調整&ナット調整

ホーム > ギターメンテナンス > 500円ギターをネック調整&ナット調整
" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/rmQml2OoSp0" frameborder="0" allowfullscreen>

まずはネックをまっすぐに

アコギのメンテナンスをする時、僕はネック調整から始めます。ネックが順そりだと弦のテンションが上がるからです。サドルを削った弦高調整が一般的ですが、ネックが順反りのままだとサドルの弦高調整もあまり効果がありません。

ナット側の弦高調整は、特にローフレット側でのバレーコードを弾きやすくするのに有効です。Fが弾けないのは、実はギターの調整がうまくいってないからかもしれません。もちろんfを弾くためにたくさん練習するべきなのはもちろんですが、ギターのせいということもあるというのは頭のどこかに覚えておいてもいいでしょう。

アコギの調整は自分でもできると思います。今回のように安く手に入れたギターならなおさらその実験ができます。高いギターでいきなりやるのではなく、安いギターで経験を積みましょう。

<<前のページ 次のページ>>
おすすめ記事&広告
弦の張り方
アコースティックギター弦の張り方
弦を長持ちさせる方法
弾き終わったあと弦を緩めるか否か
アコギの調整&メンテ
アコギの弦高調整&ネック調整
古いヤマハギターのリペアの様子
ギター弾きやすくする3つのポイント
古いギターを蘇らせよう
オクターブチューニングの調整
パーツの交換&取付
壊れたペグの交換
ギターストラップを取り付け
ナット交換&加工のやり方
ブリッジピンが折れた時の対処方法
ギターについた小傷を消す方法
アコギ用ピックアップ取り付け
ギター雑学&豆知識
ローズウッドとマホガニーの違い
ナット幅がギターに与える影響
合板&単板ギターの見分け方
今だから言えるギター裏話
複数ギターのススメ
ギターカタログの読み方
加湿器&除湿機のススメ
いろんなギターケースを見てみよう
100円ショップで買えるギター用品
あると便利なギター用品
ギター各部の名称
アコースティックギター解体新書
壁掛け式ギタースタンド取付