アコギ

ギターカタログの読み方

ホーム > ギターメンテナンス > ギターカタログの読み方

カタログの見方を知っているとギターを買う時に参考になります

YAMAHAの場合

  • 胴型=ボディーの形。
  • 弦長=弦の長さ。通常650mm。
  • 表板=トップ板のこと。ボディーの見える方に使われている板。
  • 裏・側板=サイドと裏に使われている板。
  • 棹(さお)=ネックのこと。そこに何が使われているかを書いている。
  • 指板・下駒=下駒はブリッジのこと。ここではそこに使われている木材を書いている。
  • 糸巻=ペグのこと。
  • =使用されている弦を書いている。

ここでは一つのメーカーの具体的な言葉について説明していますが、他のメーカーでもだいたい同じようなことが書いてあります。動画の中でも言っていますが、ギターは最低限3つのスペックがわかれば50〜60%くらいはキャラクターの違いを把握できます。

  1. トップ板に何が使われているか?
  2. 側板&裏板に何が使われているか?
  3. ボディーの形はどんなものか?

アコギの場合は特に使われる木材が単板か合板かによっても値段やクオリティーが変わってきます。

  • 単板(たんばん)=一つの木から削り出した一枚ものの板のこと。音の響きがいいとされる。
  • 合板(ごうばん)=薄い板を張り合わせて作られる板のこと。単板に比べると音の響きが悪い。

価格の安いギターでも、たとえばトップ板だけ単板で、裏とサイドは合板というギターもあります。音がいいとされる単板を、音の影響が一番出やすいトップ板に使うことで高音質を狙っています。カタログを見る上で(アコースティックギターを語る上で)、そのギターに使われる素材が単板か合板かというのはある意味一番に興味のあるところです。

<<前のページ 次のページ>>
おすすめ記事&広告
弦の張り方
アコースティックギター弦の張り方
弦を長持ちさせる方法
弾き終わったあと弦を緩めるか否か
アコギの調整&メンテ
アコギの弦高調整&ネック調整
古いヤマハギターのリペアの様子
ギター弾きやすくする3つのポイント
古いギターを蘇らせよう
オクターブチューニングの調整
パーツの交換&取付
壊れたペグの交換
ギターストラップを取り付け
ナット交換&加工のやり方
ブリッジピンが折れた時の対処方法
ギターについた小傷を消す方法
アコギ用ピックアップ取り付け
ギター雑学&豆知識
ローズウッドとマホガニーの違い
ナット幅がギターに与える影響
合板&単板ギターの見分け方
今だから言えるギター裏話
複数ギターのススメ
ギターカタログの読み方
加湿器&除湿機のススメ
いろんなギターケースを見てみよう
100円ショップで買えるギター用品
あると便利なギター用品
ギター各部の名称
アコースティックギター解体新書
壁掛け式ギタースタンド取付

サウンドハウス