アコギ

アコースティックギター解体新書

ホーム > ギターメンテナンス > アコースティックギター解体新書

アコギの中身に興味ありませんか?

良い子の皆さんは動画の真似はしないでください。

アコースティックギターの板にはブレーシングという木材の棒が貼り付けられいます。これによってギターの音色を決定づけているので、ギターによって、メーカーによってそのパターンや加工が違います。

ギター職人さんはタッピングと経験によりブレーシングをどれくらい削るのかを決めます。木材によって音は違うので微妙に削り方を変えるそうです。しかし量産型のギターの場合はテンプレートが決まっていて、あらかじめ決められた形に作られたブレーシングを、決められた場所に貼り付けています。これは憶測ですが、安いギターの場合、有名なモデルのブレーシングをそのままパクって作られているんじゃないかと思います。安物しか作らないメーカーが、オリジナルでブレーシングパターンを考えるということはあまりしないでしょう。

YouTube上でギターファクトリー見学をしている動画があります(マーチン、ギブソン、テイラーなど)。そちらを見ると実際にどんな風にギターが作られているかを見る事ができます。興味のある人は覗いてみてください。

<<前のページ 次のページ>>
おすすめ記事&広告
弦の張り方
アコースティックギター弦の張り方
弦を長持ちさせる方法
弾き終わったあと弦を緩めるか否か
アコギの調整&メンテ
アコギの弦高調整&ネック調整
古いヤマハギターのリペアの様子
ギター弾きやすくする3つのポイント
古いギターを蘇らせよう
オクターブチューニングの調整
パーツの交換&取付
壊れたペグの交換
ギターストラップを取り付け
ナット交換&加工のやり方
ブリッジピンが折れた時の対処方法
ギターについた小傷を消す方法
アコギ用ピックアップ取り付け
ギター雑学&豆知識
ローズウッドとマホガニーの違い
ナット幅がギターに与える影響
合板&単板ギターの見分け方
今だから言えるギター裏話
複数ギターのススメ
ギターカタログの読み方
加湿器&除湿機のススメ
いろんなギターケースを見てみよう
100円ショップで買えるギター用品
あると便利なギター用品
ギター各部の名称
アコースティックギター解体新書
壁掛け式ギタースタンド取付

サウンドハウス