アコギ

合板ギターと単板ギターの見分け方

ホーム > ギターメンテナンス > 合板ギターと単板ギターの見分け方

アコースティックギターの目利きができるようになりましょう

ギターに使われる木材が単板か合板か?アコースティックギターを持っている人なら誰しも興味のあるところでしょう。今はネット上に情報があふれているので、調べればギターのスペックは出てくることが多いですが、見ただけでそのギターのスペックがわかるようになると便利?です。

単板ギターの場合

上の写真は単板のギターです。表面から見える木目の筋が、板の下まで通っています。このようにトップ板のサウンドホールのヘリ(正確には小径・こみちといいます)を見てください。

サイドバックの木目の見方は難しいので、ある程度の参考までにしかなりません。新品時の値段が20万円を超えるようならサイドバックもほとんど単板です。ソモギギターなどサイドをあえて合板(カッコよくレイヤー加工という)にしているものもありますが、高いギター=オール単板と思っていて差し支えないでしょう。

高級なギターは単板であることが多いですが、その分環境にはシビアになることが多いです。つまり湿度の変化に敏感だったり経年劣化が進むことがあるということ。単板ギターを手にしたなら保管には気をつかった方がいいでしょう。

<<前のページ 次のページ>>
おすすめ記事&広告
弦の張り方
アコースティックギター弦の張り方
弦を長持ちさせる方法
弾き終わったあと弦を緩めるか否か
アコギの調整&メンテ
アコギの弦高調整&ネック調整
古いヤマハギターのリペアの様子
ギター弾きやすくする3つのポイント
古いギターを蘇らせよう
オクターブチューニングの調整
パーツの交換&取付
壊れたペグの交換
ギターストラップを取り付け
ナット交換&加工のやり方
ブリッジピンが折れた時の対処方法
ギターについた小傷を消す方法
アコギ用ピックアップ取り付け
ギター雑学&豆知識
ローズウッドとマホガニーの違い
ナット幅がギターに与える影響
合板&単板ギターの見分け方
今だから言えるギター裏話
複数ギターのススメ
ギターカタログの読み方
加湿器&除湿機のススメ
いろんなギターケースを見てみよう
100円ショップで買えるギター用品
あると便利なギター用品
ギター各部の名称
アコースティックギター解体新書
壁掛け式ギタースタンド取付

サウンドハウス