アコギ

ブリッジピンが折れた時の対処方法

ホーム > ギターメンテナンス > ブリッジピンが折れた時の対処方法

古いギターだとブリッジピンが折れることがあります

動画のように6本全部折れることはなかなかないものの、一本くらいなら古いギターではよくあることです。そんな時もギターの内側からピンを叩いてあげることで抜くことができます。

古いギターのブリッジピンはプラスチックでできているので、劣化してしまいます。さらに長時間はまった状態だったので固着している場合があります。それを抜こうとすると固着と劣化でカンタンにピンが折れるということが起こります。

折れたピンは当然のことながらもう使えません。新品のブリッジピンに交換してください。ブリッジピンの色や素材を変えることで気分が変わったり音色が少し変わったりもします。ブリッジピンに使われる素材としてはローズウッド、エボニー、牛骨、プラスチック、TUSQ(タスク。人口象牙のこと)などがあり、それぞれ音の特徴があります。プラスチック以外のブリッジピンは高いので、そこを違うものに変えるのは完全に趣味の世界ですね。

<<前のページ 次のページ>>
おすすめ記事&広告
弦の張り方
アコースティックギター弦の張り方
弦を長持ちさせる方法
弾き終わったあと弦を緩めるか否か
アコギの調整&メンテ
アコギの弦高調整&ネック調整
古いヤマハギターのリペアの様子
ギター弾きやすくする3つのポイント
古いギターを蘇らせよう
オクターブチューニングの調整
パーツの交換&取付
壊れたペグの交換
ギターストラップを取り付け
ナット交換&加工のやり方
ブリッジピンが折れた時の対処方法
ギターについた小傷を消す方法
アコギ用ピックアップ取り付け
ギター雑学&豆知識
ローズウッドとマホガニーの違い
ナット幅がギターに与える影響
合板&単板ギターの見分け方
今だから言えるギター裏話
複数ギターのススメ
ギターカタログの読み方
加湿器&除湿機のススメ
いろんなギターケースを見てみよう
100円ショップで買えるギター用品
あると便利なギター用品
ギター各部の名称
アコースティックギター解体新書
壁掛け式ギタースタンド取付

サウンドハウス