アコギ

アコギの弦高調整&ネック調整のやり方

ホーム > ギターメンテナンス > アコギの弦高調整&ネック調整のやり方

あなたのギターは弾きやすいですか?

弦高調整とネック調整はどちらも同時に行いたい作業です。どちらかだけをやってもそれなりに効果はありますが、ギター全体の調整としては不十分です。この二つはギターの調整にとって要となるもので、演奏性(弾きやすさ)を大きく左右します。

まずは弦高を測ってみましょう。12フレット目のフレットの山のてっぺんに定規を置いて、フレットと弦とのすき間を測ります。一般的にアコギの場合は2.5mmから3.0mmくらいが平均です。今は低くするのが主流なので2.0mmくらいに設定するものもありますが、あまり低くしすぎても弦がビビってしまうので注意しましょう。

弦高の測り方

 

ネックの状態を見るのは最初はなかなか難しいです。写真でもわかりにくくはありますが、ホントに微妙な曲がり加減です。

ネックの見方 逆反り

ネック 順反り

 

アジャスタブルロッドはギターを上にして時計回りで順反りを直します。これはロッドの頭がヘッドに来ていてもサウンドホールの中にあってもどちらも同じです。

ネック調整のやり方

サドルの底を削る時は、底面が可能な限り平らになるようにしてください。そうしないとサドルとギター本体との面積が小さくなり、弦の振動がうまくギターに伝わりません。結果として「鳴らないギター」になってしまうので気をつけましょう。

ギターにおけるサドルの重要性

<<前のページ 次のページ>>
おすすめ記事&広告
弦の張り方
アコースティックギター弦の張り方
弦を長持ちさせる方法
弾き終わったあと弦を緩めるか否か
アコギの調整&メンテ
アコギの弦高調整&ネック調整
古いヤマハギターのリペアの様子
ギター弾きやすくする3つのポイント
古いギターを蘇らせよう
オクターブチューニングの調整
パーツの交換&取付
壊れたペグの交換
ギターストラップを取り付け
ナット交換&加工のやり方
ブリッジピンが折れた時の対処方法
ギターについた小傷を消す方法
アコギ用ピックアップ取り付け
ギター雑学&豆知識
ローズウッドとマホガニーの違い
ナット幅がギターに与える影響
合板&単板ギターの見分け方
今だから言えるギター裏話
複数ギターのススメ
ギターカタログの読み方
加湿器&除湿機のススメ
いろんなギターケースを見てみよう
100円ショップで買えるギター用品
あると便利なギター用品
ギター各部の名称
アコースティックギター解体新書
壁掛け式ギタースタンド取付

サウンドハウス