アコギ

ナット幅がギターに与える影響

ホーム > ギターメンテナンス > ナット幅がギターに与える影響

ナット幅=ネック幅です

ナット幅というのは、つまりネック幅です。でもネックの幅をギターカタログに書くことはなく、ナット幅を書きます。

ナット幅のおおまかな特徴はこんな感じです。

  • 43mm以下:一般的なものより狭い。ストローク向き
  • 43mm〜44mm:標準的な幅。どんな弾き方にも対応できる
  • 44mm以上:広め。どちらかといえばフィンガースタイル向き

ナット幅が広いとストロークするのは難しいとよく言われます。1弦と6弦との距離が広い分、ストローク時の腕の動きを大きくして手首を柔らかく使わないと綺麗な音になってくれません。アルペジオなどのフィンガースタイルで弾く場合は、ネックの広さがミスタッチを減らしてくれます。弦と弦との隙間が広いので、間違って違う弦に触れることが少なくなるからです。このようにナット幅の広いギターは2重の意味で上級者向きといえます。

一般的に43mmから43.5mmを中心幅として、それ以上であれば広め、それ以下であれば狭いといえます。自分の演奏スタイルに合わせてナット幅を変えてみる(=ギターを変える)といいでしょう。

<<前のページ 次のページ>>
おすすめ記事&広告
弦の張り方
アコースティックギター弦の張り方
弦を長持ちさせる方法
弾き終わったあと弦を緩めるか否か
アコギの調整&メンテ
アコギの弦高調整&ネック調整
古いヤマハギターのリペアの様子
ギター弾きやすくする3つのポイント
古いギターを蘇らせよう
オクターブチューニングの調整
パーツの交換&取付
壊れたペグの交換
ギターストラップを取り付け
ナット交換&加工のやり方
ブリッジピンが折れた時の対処方法
ギターについた小傷を消す方法
アコギ用ピックアップ取り付け
ギター雑学&豆知識
ローズウッドとマホガニーの違い
ナット幅がギターに与える影響
合板&単板ギターの見分け方
今だから言えるギター裏話
複数ギターのススメ
ギターカタログの読み方
加湿器&除湿機のススメ
いろんなギターケースを見てみよう
100円ショップで買えるギター用品
あると便利なギター用品
ギター各部の名称
アコースティックギター解体新書
壁掛け式ギタースタンド取付

サウンドハウス