アコギ

ローズウッドギターとマホガニーギターの音の違い

ホーム > ギターメンテナンス > ローズウッドギターとマホガニーギターの音の違い

木材によってギターのキャラクターが変わります

ローズウッドの特徴

  • 音がリッチになる(深みがある、倍音がキレイ)
  • どんな弾き方にも対応できる
  • 黒っぽい色をしている
  • 比較的重い

マホガニーの特徴

  • 明るめの音のキャラクター
  • キャラメル色
  • 比較的軽い
  • 反応が早い

ギターは使われる木材によってキャラクターの違いが出ます。特徴は上に示した通りですが、ギターのモデルによっても違うので、おおまかな分け方だと思ってください。マホガニーギターでも重いものはあるだろうし、リッチな響きになるギターもあるでしょう。

木材はとれた産地により名前の頭に地名がつくことがあります。単純にマホガニーと示しているものもあれば、ホンジュラスマホガニーのように「ここで採れたんだ!他とは違うんだ!」と示しているものもあります。たとえばこんなかんじ。高級ギターだと産地を示して希少性や音の細かいキャラクターの違いを差別化してるものが多いです。

  • イーストインディアンローズウッド
  • ブラジリアンローズウッド
  • ホンジュラスローズウッド
  • ホンジュラスマホガニー
  • アフリカンマホガニー
  • キューバンマホガニー などなど。。。

動画の中で出てくるギターのそれぞれのスペックはこんな感じです。

Youkoyama Gutairs #293 "momiji"

  • トップ:ジャーマンスプルース単板
  • サイドバック:ブラジリアンローズウッド単板

GIBSON J-45 100th aniv.

  • トップ:スプルース単板(たぶんシトカスプルース)
  • サイドバック:マホガニー単板
<<前のページ 次のページ>>
おすすめ記事&広告
弦の張り方
アコースティックギター弦の張り方
弦を長持ちさせる方法
弾き終わったあと弦を緩めるか否か
アコギの調整&メンテ
アコギの弦高調整&ネック調整
古いヤマハギターのリペアの様子
ギター弾きやすくする3つのポイント
古いギターを蘇らせよう
オクターブチューニングの調整
パーツの交換&取付
壊れたペグの交換
ギターストラップを取り付け
ナット交換&加工のやり方
ブリッジピンが折れた時の対処方法
ギターについた小傷を消す方法
アコギ用ピックアップ取り付け
ギター雑学&豆知識
ローズウッドとマホガニーの違い
ナット幅がギターに与える影響
合板&単板ギターの見分け方
今だから言えるギター裏話
複数ギターのススメ
ギターカタログの読み方
加湿器&除湿機のススメ
いろんなギターケースを見てみよう
100円ショップで買えるギター用品
あると便利なギター用品
ギター各部の名称
アコースティックギター解体新書
壁掛け式ギタースタンド取付

サウンドハウス