アコギ

弦を長持ちさせる方法

ホーム > ギターメンテナンス > 弦を長持ちさせる方法

手には汚れがいっぱいです

  • ギターを弾く前に手を洗う
  • ギターを弾き終わったら布で弦をふく
  • 弦にフィンガーイーズ(弦潤滑剤)を使う

弦のコンディションはギター弾きであれば気を遣って欲しいポイントです。弦が少しでも錆びてしまっていたら交換しましょう。

上で紹介している方法を試せば、少なくとも弦を錆びさせることはありません。しかし弦のコンディションは、たとえ錆びていなかったとしても音の変化として現れてきます。具体的に、高音にシャリーンというきらびやかさがなくなってきたら交換した方がいいです。しかし、ただ練習で使うだけなら(錆びていないなら)いつまでも使っていても構わないとも思います。ただしサビた弦は指に引っかかる感じがあるので、繰り返しになりますがただちに交換するべきです。

弦の交換を頻繁に行うようになると、新品時の弦の音と今の弦のコンディションがどれくらいのものかを比べることができます。「新品時のあの綺麗な音が出てないなー」と思えば弦を交換したくなるし、プロであればレコーディング前には必ず弦を交換します。

弦の交換時期というのはその人が今の弦のコンディションをどれくらい許容できるかによると思います。動画の中で弦を一本でも切ったら交換すると言っていますが、これも僕の経験則であり、人によっても変わってくるでしょう(バラで弦を買えば問題ないし)。僕の場合は、上記のことをいつもやっているので弦を錆びさせることはないですが、切れない限り変えません。切れなければ1年使うこともあります。まぁ1年経つ前に切ってしまうんですけどね。

<<前のページ 次のページ>>
おすすめ記事&広告
弦の張り方
アコースティックギター弦の張り方
弦を長持ちさせる方法
弾き終わったあと弦を緩めるか否か
アコギの調整&メンテ
アコギの弦高調整&ネック調整
古いヤマハギターのリペアの様子
ギター弾きやすくする3つのポイント
古いギターを蘇らせよう
オクターブチューニングの調整
パーツの交換&取付
壊れたペグの交換
ギターストラップを取り付け
ナット交換&加工のやり方
ブリッジピンが折れた時の対処方法
ギターについた小傷を消す方法
アコギ用ピックアップ取り付け
ギター雑学&豆知識
ローズウッドとマホガニーの違い
ナット幅がギターに与える影響
合板&単板ギターの見分け方
今だから言えるギター裏話
複数ギターのススメ
ギターカタログの読み方
加湿器&除湿機のススメ
いろんなギターケースを見てみよう
100円ショップで買えるギター用品
あると便利なギター用品
ギター各部の名称
アコースティックギター解体新書
壁掛け式ギタースタンド取付

サウンドハウス