アコギ

あなたのギターを弾きやすくする3つのポイント

ホーム > ギターメンテナンス > あなたのギターを弾きやすくする3つのポイント

ギターは調整で弾きやすくなります

  • 弦の太さ(ゲージ)を細いものにする
  • 弦高(げんこう)を下げる
  • ネックをまっすぐにする

ギターを弾きやすくするポイントは以上の3点になりますが、これをどの順番で調整したらいいかは、実はこの逆になります。

  1. ネックをまっすぐにする
  2. 弦高を下げる
  3. 弦の太さを細いものにする

作業内容としては、弦の太さを変えるというのが一番わかりやすく、やりやすいです。でもネックをまっすぐにするだけで、弦を変えることなくギターを弾きやすくすることができます。弦を変えるというのは、できれば最終手段にして欲しいですね。

ただしネックの見方がわからない人はこの方法は当てはまらないだろうし、弦高調整も難しいといえば難しいです。こちらのページ「アコギの弦高調整とネック調整のやり方」をみて「わたしには作業が難しいなー」と感じた人は弦の交換で対応してください。

<<前のページ 次のページ>>
おすすめ記事&広告
弦の張り方
アコースティックギター弦の張り方
弦を長持ちさせる方法
弾き終わったあと弦を緩めるか否か
アコギの調整&メンテ
アコギの弦高調整&ネック調整
古いヤマハギターのリペアの様子
ギター弾きやすくする3つのポイント
古いギターを蘇らせよう
オクターブチューニングの調整
パーツの交換&取付
壊れたペグの交換
ギターストラップを取り付け
ナット交換&加工のやり方
ブリッジピンが折れた時の対処方法
ギターについた小傷を消す方法
アコギ用ピックアップ取り付け
ギター雑学&豆知識
ローズウッドとマホガニーの違い
ナット幅がギターに与える影響
合板&単板ギターの見分け方
今だから言えるギター裏話
複数ギターのススメ
ギターカタログの読み方
加湿器&除湿機のススメ
いろんなギターケースを見てみよう
100円ショップで買えるギター用品
あると便利なギター用品
ギター各部の名称
アコースティックギター解体新書
壁掛け式ギタースタンド取付

サウンドハウス