アコギ

からくりピエロ:初音ミク(40mP)

ホーム > ギター弾き語り用コード譜 > からくりピエロ(初音ミク)

intro
|C#m A|B E|C#m A|B E~~~~|(オルゴール)
|C#m A|B E|C#m A|B E|
|C#m A|B E|C#m A|B E|
|C#m A|B E|C#m A|B E|
verse
|C#m Edim|B E B(半)|C#m Edim|A(1) B(1) E|
|C#m Edim|B E B(半)|C#m Edim|A(1) B(1) E|
|A|E|A G#|C#m(1) C#mM7(1) C#m7|
|A|E|A B|G#sus4 G#(1拍) A#(1) |
chorus
|D#m B|C# F#|D#m B|C# F#|
|D#m B|C# F#|D#m B|C# F#|
bridge
|C#m A|B E|C#m A|B E|
|C#m A|B E|C#m A|B E|

verse
|C#m Edim|B E B(半)|C#m Edim|A(1) B(1) E|
|C#m Edim|B ー|C#m Edim|A(1) B(1) E|
|A|E|A G#|C#m(1) C#mM7(1) C#m7|
|A|E|A B|G#sus4 G#|
bridge
|C#m A|B E|C#m A|B E|
|C#m A|B E|C#m A|B E|
chorus
|C#m A|B E(Bフォーム)|C#m A|B E(Bフォーム)|
|C#m A|B E(Bフォーム)|C#m A|B ー|
chorus
|D#m B|C# F#|D#m B|C# F#|
|D#m B|C# F#|D#m B|C# F#|
|D#m B|C# F#|D#m B|C# F#|
|D#m B|C# F#|D#m B|C# ー|
outro
|D#m B|C# F#|D#m B|C# F#|
|D#m B|C# F#|D#m B|C# F#|
|D#m B|C# F#|D#m B|C# F#~~~|

|D#m B|C# F#|D#m B|C#......(オルゴール)

C#mBEEdimAG#C#mM7C#m7
A#G#sus4D#mC#F#

ハイコード

AハイコードEハイコードBハイコードF#E

ストロークパターン

intro & chorus

|↓xxx↓~↓↑↓↑↓↑↓~↓↑|

(16ビートシャッフルストローク)

verse前半

|↓xxx↓xx↑x↑x↑~~~~|

カッコ内の数字は拍数を表しています。

赤いコードはハイコードで弾いて下さい

弾き方のポイント

VOCALOIDボーカロイド 初音ミクの曲の中で一番好きな曲。作詞作曲は40メートルPです。

この曲は半音ダウンチューニングにして弾いてください。わざわざコードワークを難しくして弾くのにはちゃんと理由があります。この曲は半音ダウンにしないとサビの終わりのEを弾けないからです。レギュラーチューニングだとここがE♭になるためにハイフレットを使う事になって、それだと音の収まりが悪いです。所々のハイコードの使い方も、原曲のメロディーをギターで再現する意味でちゃんと意味があります。なのでここはカポを使って優しく弾くより、半音ダウンで難しく弾く事にチャレンジしてみてください。「どうしてここでこのハイコードを使うのか」は、弾いて音を出すとわかっていただけるかと思います。

サビのコード進行は、イントロのコード進行を2個キーを上げただけです。なのでフレット移動のしかたは実はイントロとあまり変わりません。

この曲はバレーコードがほとんどですが、半音ダウンにする事で弦のテンションが下がっているので、そんなに指もつらくないと思います。ただフレット移動が忙しいので、それぞれのコードのポジションをしっかり把握して、かっこ良くこの曲を弾きこなしてみてください。ストロークの変化もあってなかなか難しい曲ですが、名曲なのでやりがいはあると思います。カポ3でカンタンに弾くのは他のサイトにお任せします。

その他の曲のコード譜はこちら → ギター弾き語り用コード譜一覧表(アーティスト名)
ギター弾き語り用コード譜(曲名順)

サウンドハウス