アコギ

このサイトのコード譜の読み方

ホーム > 弾き語り用ギターコード譜 > このサイトのコード譜の読み方

intro
|C|G|A|G|
|C D|C D|A G(1拍)|G|
verse
|C|G|A|G|
|C D|C D|A G(1)|G/B|
|C|G|A|G|
|C D|C D|A G(半拍)|
chorus
|C|G|A|G|
|C D|C D|A G|G|
bridge
|C|G|A|G|

outro
|C|G|A|G+D|

ストロークパターン

|↓~↓~↓~↓~|(4ビートストローク)
|↓~↓↑~↑↓↑|(8ビートストローク)
|↓~~~↓~↑↓↑↓~↓~↓↑|(16ビートストローク)

ストロークパターンは曲全体のおまかなパターンです。細かい部分については各自考えて弾いてください。

色わけしているコードは、ハイコード、パワーコード、その曲だけで出てくる特別なコードを示しています。

  • ハイコードで弾いたほうがいいコード
  • パワーコードで弾いたほうがいいコード
  • その曲でしか出てこない特別なコード
  • intro : イントロです
  • verse : AメロBメロ(サビ以外)
  • chorus : いわゆるサビのこと
  • bridge : 間奏パート
  • outro : アウトロのこと

コード譜の見方

タテ線は小節のくぎりです
  • 一小節に1つのコード=4拍
  • 一小節に2個のコード=2拍ずつ
  • A G(1)=3拍+1拍
  • A G(半)=3.5拍+0.5拍

CGDAGonBG+D

パワーコード

CG

ハイコード

AG

↑ここにその曲で出てくるコードのダイアグラムを表示。分数コード、ハイコード、パワーコードが出てくる場合はそれも載せています。コード名は適当につけているので( G+Dなど)、ダイアグラムの形だけ信用して下さい。

サウンドハウス