アコギ

LET IT BE:The Beatles
ホーム > ギター弾き語り用コード譜 > LET IT BE(ビートルズ)

intro
|C G|Am F|C G|F C|
verse
|C G|Am F|C G|F C|
|C G|Am F|C G|F C|
chorus
|Am Em|F C|C G|F C|
verse
|C G|Am F|C G|F C|
|C G|Am F|C G|F C|
chorus
|Am Em|F C|C G|F C|
|Am Em|F C|C G|F C|

bridge
|F|C|G(1拍) F(1拍) C|F|C|G(1拍) F(1拍) C|
|C G|Am F|C G|F C|
|C G|Am F|C G|F C|
chorus
|Am Em|F C|C G|F C|

verse
|C G|Am F|C G|F C|
|C G|Am F|C G|F C|
chorus
|Am Em|F C|C G|F C|
|Am Em|F C|C G|F C|
outro
|F|C|G(1拍) F(1拍) C|

ストロークパターン

|↓~~~↓~↓↑↓~~~↓~↓↑|

ジャーンジャンジャカ、ジャーンジャンジャカ

 

CGAmFEm

弾き方のポイント

なにか有名な曲をギターで一曲マスターしたい!という人にはこの曲が最適なのではないでしょうか。コードは基本的に2拍ずつのコードチェンジです。ストロークは同じリズムを2回弾いている感じです。Fのいい練習にもなるのでギター初心者の方におススメです。

その他の曲のコード譜はこちら → ギター弾き語り用コード譜一覧表(アーティスト名)
ギター弾き語り用コード譜(曲名順)

サウンドハウス