アコギ

verse
|G|G|D/F#|D/F#|FM7|FM7|D/F#|D/F#|
|G|G|D/F#|D/F#|FM7|FM7|D/F#|D/F#|
|Em|Em|D/F#|D/F#|G|G|A|ー|
chorus
|G|A|Bm|D/F#|G|A|Bm|D|
|G|A|Bm|D/F#|G|A|D|D|


verse
|G|G|D/F#|D/F#|FM7|FM7|D/F#|D/F#|
|Em|Em|D/F#|D/F#|G|G|A|ー|
chorus
|G|A|Bm|D/F#|G|A|Bm|D|
|G|A|Bm|D/F#|G|A|D|D|


chorus2
|G|A|Bm|D/F#|G|A|D|D|
|G|A|Bm|D/F#|G|A|D|ー|
chorus
|G|A|Bm|D/F#|G|A|Bm|D|
|G|A|Bm|D/F#|G|A|D|D|
|G|A|Bm|D/F#|G|A|Bm|D|
|G|A|Bm|D/F#|G|A|D|D|
outro
|G|A|Bm|D/F#|G|A|Bm|D|
|G|A|Bm|D/F#|G|A|D|D|

GD/F#FM7DEmABm

ストロークパターン

  • ↓〜↓↑〜↑↓↑(8ビートストローク)

弾き方のポイント

この曲の伸びやかさを出すには、ギターはあまり小細工しない方がいいかもしれません。ストロークは8ビートの基本的なものを弾いて、歌の方に集中しましょう。

曲中で使われるD/F#はDに変換してもなんら問題はありません。一応バンドの音としてはF#の音で繋げているかんじです。

大サビ(chorus2)部分はバッキングの音数が少なくなるので(と言うかアカペラに近い)、弾き語りの場合はそこのコード進行をブリッジミュートで弾いてあげると原曲の雰囲気を壊さずに弾けると思います。

ギターで弾いていても気持ちの良いコード進行ですので、その気持ちよさを止めないように流れを意識して演奏してください。

ちなみに歌い出しからのエレキギターでのアルペジオを再現したい場合は
|Dadd9/G|Dadd9/G|Dadd9/F#|Dadd9/F#|Dadd9/F|Dadd9/F|Dadd9/F#|Dadd9/F#|
こちらを試してみてください。順番は全て「6432〜123」です。

Dadd9/GDadd9/F#Dadd9/FDadd9/F#

その他のコード譜 → ギター弾き語り用コード譜一覧表(アーティスト名)
ギター弾き語り用コード譜(曲名順)