アコギ
広告

夢をかなえてドラえもん:mao

ホーム > ギター弾き語り用コード譜 > 夢をかなえてドラえもん(mao)

intro
|D Dsus4|Dadd9 Dsus4|D Dsus4|A G D A|

verse
|D|D|Em|Em|
|A|A|D|A|
|D|D|Em|Em|
|A|A|D|D D7|
|G|D|Em|D|
|G|F#m Bm|E|A|
chorus
|D|Em|A|D|
|D B7|Em|A|D|
|D|Em|A|D|
|D B7|Em|A|A|
bridge
|D Dsus4|Dadd9 Dsus4|D Dsus4|A G D A|

verse
|D|D|Em|Em|
|A|A|D|A|
|D|D|Em|Em|
|A|A|D|D D7|
|G|D|Em|D|
|G|F#m Bm|E|A|
chorus
|D|Em|A|D|
|D B7|Em|A|D|
|D|Em|A|D|
|D B7|Em|- A - A|- A - A|
bridge
|B♭|E♭|F|D|
|Gm F|B♭ E♭|F|B♭ Dadd9(1) D(1)|
verse
|G|D|Em|D|
|G|F#m Bm|E|A|
chorus
|D|Em|A|D|
|D B7|Em|A|D|
|D|Em|A|D|
|D B7|Em|- A - A|- A - A|
outro
|D G D|D〜|

DDsus4Dadd9AEmD7GF#mBmEB7B♭E♭FGm

ハイコード

AハイコードGハイコード

ストロークパターン
  • ↓↑↓↑↓↑↓↑(イントロのみ)
  • ↓〜〜〜〜↑↓↑(Bメロの頭)
  • ↓〜↓↑〜↑↓↑(その他のパート)
  • 全パート跳ねるようなリズムで弾いてください(シャッフルストローク)

簡単アレンジ

intro
|D Dsus4|Dadd9 Dsus4|D Dsus4|G A|

verse
|D|D|Em|Em|
|A|A|D|A|
|D|D|Em|Em|
|A|A|D|D D7|
|G|D|Em|D|
|G|F#m Bm|E|A|
chorus
|D|Em|A|D|
|D B7|Em|A|D|
|D|Em|A|D|
|D B7|Em|A|A|
bridge
|D Dsus4|Dadd9 Dsus4|D Dsus4|G A|

verse
|D|D|Em|Em|
|A|A|D|A|
|D|D|Em|Em|
|A|A|D|D D7|
|G|D|Em|D|
|G|F#m Bm|E|A|
chorus
|D|Em|A|D|
|D B7|Em|A|D|
|D|Em|A|D|
|D B7|Em|A|A|
bridge
|B♭|E♭|F|D|
|Gm F|B♭ E♭|F|B♭ D|
verse
|G|D|Em|D|
|G|F#m Bm|E|A|
chorus
|D|Em|A|D|
|D B7|Em|A|D|
|D|Em|A|D|
|D B7|Em|A|A|
outro
|D G|D〜|

弾き方のポイント

TVアニメ「ドラえもん」の主題歌。この曲は童謡のようなシンプルなコード進行で子供にも覚えやすいメロディーラインになっています。そのため基本的な歌の部分のコード進行はそれほど難しい訳ではないのですが、曲全体の再現度を上げていくと所々で難しい箇所が出てきます。

 

イントロのコード進行はカポ3でDの派生コードで作るのが一般的です。細かくいうと

|D Dsus4|Dadd9 Dsus4(1) D(0.5) Dadd9(0.5)|

こうなりますが、要するにメロディーを1弦で作ってください。そのあとさらに指定のコードをハイコードで弾くことで原曲の雰囲気を作ることができます。

|A G D A|(赤いところはハイコードで弾く)

1拍ごとのコードチェンジになるので、これが難しい場合は下段の簡単アレンジのように|G A|と弾いてください。

 

2番のサビが終わると間奏部分で曲が転調(曲のキーが変わる)します。ギターではここが難しいので(特にE♭)練習が必要です。3フレット目にカポをつけるので、E♭の位置も変わってきます。ポジションマークを見ながらどこにコードがあるかをしっかり把握した上で弾かないとよくコードを間違う箇所です。気をつけましょう。歌いながらのパートではないので、視線はネックをガン見でいいと思います。ちなみにこの転調があるので難易度を4にしました。これがなければ難易度は3くらいです。

 

2番のサビ、3番のサビの最後で

|- A - A|- A - A|

こういうパートが出てきます。「 - 」の部分は休符です。ここで音を止めてください。音を止めてからダウンストロークだけでAを弾くといいでしょう。

 

この曲は正確にいうと4分の2拍子になると思います。拍の取り方、ストロークのリズムというかアクセントの入れ方が一般的なポップス曲とは違うので、曲を聴きながらノリを掴んで弾いてください。

とはいえ、音楽知識や分析的なことはさておき、曲に合わせて楽しく弾くと自然とそういう弾き方になると思います。聞き手の体が思わず動き出すような弾き方ができれば完璧です。

その他のコード譜 → ギター弾き語り用コード譜一覧表(アーティスト名)
ギター弾き語り用コード譜(曲名順)

サウンドハウス