アコギ
広告

世界でいちばん熱い夏:プリンセス・プリンセス

ホーム > ギター弾き語り用コード譜 > 世界でいちばん熱い夏(プリンセス・プリンセス)

intro
|G|G|

verse
|G|G|A|A|Cm|Cm|G|G|
|G|G|A|A|Cm|Cm|G|G|
|C|D|Bm|Em|C|D|Bm|Em|
|C|A7|D|B7|
chorus
|C|D|Bm|Em|
|C|D|Bm|Em|
|Am|D|Bm|Em|Am|D|
bridge
|G|G F E|C|C A G|
|G|G Fm|G|G Fm|G|G|

verse
|G|G|A|A|Cm|Cm|G|G|
|G|G|A|A|Cm|Cm|G|G|
|C|D|Bm|Em|C|D|Bm|Em|
|C|A7|D|B7|
chorus
|C|D|Bm|Em|
|C|D|Bm|Em|
|Am|D|Bm|Em|Am|D|G|
chorus (アカペラ)
|(C)|(D)|(Bm)|(Em)|
|(C)|(D)|(Bm)|(Em)|Em|
chorus
|C|D|Bm|Em|
|C|D|Bm|Em|
|Am|D|Bm|Em|
|C|D|Bm|Em|Am|D|
outro
|G|G F#|G|G F#|
|G|G F#|G〜〜〜|

GACmCDBmEmAmA7B7FEFm

ストロークパターン

intro 

  • ↓↓↓↓↓↓↓↓

verse & chorus

  • ↓〜↓↑〜↑↓↑(8ビートストローク)

 

弾き方のポイント

一見すると使われるコードが多く感じるかもしれませんが、どれもいろんな曲で出てくるコードのバリエーションなのであたらめて覚え直すコードは少ないはずです。

イントロパートはダウンストロークだけでGを弾いてください。低音弦だけを強調して弾くとさらに曲のイメージに近づけると思います。

歌に入ってからは、その音を続けるのもいいし、コードをジャラーンと一回だけ弾くというものアリでしょう。理想は低音をダウンだけで弾く人とコードをジャラーント弾く人2人でパート分けしての演奏ですが、1人の場合はどちらか好きな方を選んでください。

この曲でいちばん難しいのは間奏部分のコードチェンジのタイミングです。拍数を書くと複雑になってしまうのであえて表記は避けましたが、使われるコードは合っているので、各自コードチェンジのタイミングをしっかり掴んでください。

その他のコード譜 → ギター弾き語り用コード譜一覧表(アーティスト名)
ギター弾き語り用コード譜(曲名順)

サウンドハウス