アコギ

クリスマスソング: back number

ホーム > ギター弾き語り用コード譜 >クリスマスソング(back number)

intro
|E EmM7|Em7 C#|F#m Am|B〜|(オルゴール)
|E|F#|A E|F#m B|
|E|F#|A E|F#m(2) B(4)|
verse
|Aadd9|E|Aadd9|E|
|Aadd9|E F#|Aadd9 B|E(1) Esus4(1) E|
|C#m B|A E|
|C#m F#|A B|
chorus
|E|B|C#m|F#|
|A|E F#|A|B|
|E|B|C#m|F#|
|A|E F#|A|B|ー(2拍休)|
bridge
|E|F#|A E|F#m B|E|


verse
|Aadd9|E|Aadd9|E|
|Aadd9|E F#|Aadd9 B|E|
|C#m B|A E|
|C#m F#|A B|
chorus
|E|B|C#m|F#|
|A|E F#|A|B|E|
bridge
|C#m|F#|A|B G#|
verse2
|C#m|F#|A|B A|E B/F#|


chorus
|E|B|C#m|F#|
|A|E F#|A|B|
|E|B|C#m|F#|
|A|E F#|A|B|C#m C#mM7 C#m7(3連で2拍)|F#〜|
|A|B|ー(2拍休)|
outro
|E|F#|A E|F#m B|
|E|F#|A E|F#m B|E〜〜〜

ハイコード

EハイコードEmM7ハイコード

通常のコード

C#F#mAmBEAAadd9F#Esus4C#mG#B/F#C#mM7C#m7

ストロークパターン

introオルゴールパート

アルペジオ

 

intro後半から〜

|↓〜〜〜↓〜↓↑↓↑↓〜↓〜↓↑|

(16ビートシャッフルストローク)

 

※コードが一小節に2個のとき

|↓〜〜〜↓〜↓↑↓〜〜〜↓〜↓↑|

弾き方のポイント

この曲はカポ4にするととても簡単に弾くことができますが、ここではあえてカポなしのコード譜を載せておきます。back number本人たちがカポを使っていないのもそうですが、キーがEの曲を弾きこなせるとギター全体のスキルアップができるからです。名曲を弾きたい!というモチベーションで、なんとかこの壁を越えて欲しいという願いを込めてカポなしで採譜しました。

イントロのオルゴールパートはハイコードを使うと雰囲気を出せますが、難しいので同じコード進行をローコードで弾いても構いません。EmM7(Eマイナーメジャーセブンス)はあまりなじみのないコードですが、ハイコードにせよローコードにせよ簡略化したダイアグラムで押さえるとわりと簡単に弾くことができるので試してみてください。正式なコードダイアグラムとは少し違っています。

EmM7EmM7ハイコード

 

 

それと同じようにC#mM7も簡単な押さえ方で示しています。

C#mM7

ちなみに正しくはこちら。結構押さえるのが難しいです。

C#mM7

 

 

verse一発目にAadd9というコードを使っています。ここはアコギがメインで聞こえてくるパートなのでAではなくAadd9なんだというのをしっかり意識して弾きたいパート。開放弦が多いアコギならではのコード進行になります。

Aadd9

 

イントロとアウトロで出てくるF#mのコードですが、ここはF#でも成立する不思議な箇所です。どっちがいいかは弾く人に任せます。どちらかというとF#の方が混乱がないと思いますが、参考までに。

その他の曲のコード譜はこちら → ギター弾き語り用コード譜一覧表(アーティスト名)
ギター弾き語り用コード譜(曲名順)