アコギ

16ビートストロークを弾いてみよう

ホーム > 初心者のためのギター講座 > 16ビートストロークを弾いてみよう

アコギによく似合うストロークパターンです

16ビートストロークはスピードが速いので、はじめのうちはテンポ50くらいで練習するといいでしょう。そうすると8ビートストロークを2コ足したかんじで余裕を持って弾けるので、わりとすんなり弾けると思います。

最初のパターンはこんなかんじ。記号一個あたりが16分音符の長さです(記号16個で1小節ぶん)。

  • ↓〜〜〜↓〜↓↑〜〜〜〜〜〜〜〜

2個目のパターンはこんなかんじ。

  • ↓〜〜〜↓〜↓↑〜↑↓〜〜〜〜〜

3個目のパターンで完成です。

  • ↓〜〜〜↓〜↓↑〜↑↓〜↓〜↓↑

テンポ50で何も考えずに弾けるようになったら、今度はテンポ60、それが弾けたらテンポ70というように自分のペースにあったスピcードで練習してみましょう。テンポ100まで弾けたら完璧です。

ストロークというのは矢印のパターン通りに弾くのも大事ですが、それと同時にアクセントをつける、強弱をつけるのがとても重要です。同じパターンでも強弱をつけることでうまく聞こえたり、逆に下手くそで野暮な演奏に聞こえたりするので、曲のノリにあわせてストロークすることを心がけてください。特に16ビートの場合はノリの良さと爽快さが必要です。

<<前のページ 次のページ>>

超初心者コース
チューニングのやり方
初日から7日目までの練習メニュー
練習の前に爪を切ろう
初めてのギター選び1万円コース
初めてギターに触れる人のために
コードの弾き方
ギターコードの弾き方
コードダイアグラムの見方
ギターコードの難易度を数字で示す
Cが弾けない人のための動画
Gには押さえ方が二つある
Fを克服しよう
Cは6弦を弾くのか否か?
このコードはこう省略してみよう
分数コードを弾いてみよう
分数コードを省略してみよう
バレーコードで指が痛くなるのは?
ハイコード&パワーコードの弾き方
ハイコードを使いこなそう
カンタンに弾けてカッコイイコード進行
チューニングコース
チューニングができない人のために
チューナーの使い方
キャリブレーション合わせ
チューニングは必ず2周しよう
ピキッとなる怪音の正体
半音ダウンチューニングのやり方
オクターブチューニングの調べ方
ストロークの弾き方
8ビートストロークの弾き方
16ビートストロークを弾いてみよう
シャッフルストロークを弾く
ストロークに強弱をつけてみよう
ストロークのクセを直そう
ストロークをミュートさせる方法
倍速ストロークの弾き方
曲終わりのジャカジャン!を弾く
ストロークを文字で示そう
ストロークとコードチェンジがうまくなるための12フレーズ
sus4とハンマリング編
ミュートを含めたストローク編
速い16ビートストローク編
アルペジオの弾き方
アルペジオの弾き方
アルペジオは何弦から弾くのか?
きらきら星をソロギターで弾く
コードチェンジ
コードチェンジのコツ
バレーコードで音が途切れる人
ルーズなコードチェンジ
音楽知識
今さら聞けないコード譜の読み方
ギターに絶対音感は必要か?
知っておくと役にたつ音楽用語
カポの便利な使い方
曲のキーを知ろう
曲のキーとプレイキーの違い
曲のキーを変えてみよう
耳コピのやり方(コードの探し方)
効果的な練習方法
曲が弾けない人のための基礎練習
夜にギターを弾く方法
ピックを持ち替えて練習してみよう
メトロノームを使った基礎練習
小さい音で練習してみよう
大きい音を出す練習をしてみよう
コンサートをする人
ライブに出てみよう
アコギの音をライブで出す時
自分の声の高さを知ろう
楽譜を暗譜しよう
いろんなケーブル&端子の形
アコギ用ギターアンプの使い方
豆知識などその他
ギターに入ったピックを取り出す
ギター練習にオススメのアプリ紹介
ギターピックの特徴
コード譜を信じるな(?)
ギター初心者によくある質問
ギター用語集・奏法編

サウンドハウス