アコギ

ギターのチューニングのやり方

ホーム > 初心者のためのギター講座 > ギターのチューニングのやり方
ギターチューニングの基準音
1弦E(細い弦・高いミの音)
2弦B(シの音)
3弦G(ソの音)
4弦D(レの音)
5弦A(ラの音)
6弦E(太い弦・低いミの音)

最初の壁がチューニングです

ギターのチューニングのやり方は、エレキギター、アコースティックギター(アコギ)、クラシックギターのどれも一緒です。ギターという楽器はまずチューニングが合っていないと一歩も進まない楽器です。しかしこれがなかなか最初はうまくいきません。そんな人のためにこのページを作りました。

動画の最初でピッチパイプをオススメしていますが、このページ内のMP3の音を基準にするというので問題ありません。当サイトではギターを買って間もない人にはチューナーを使ったチューニングはオススメしていません。なぜならチューナーのアルファベットの表示が最初の頃は意味がわからないからです。正しい音を出して、それに自分のギターの音を合わせるという行為は確かに音感を必要としますが、チューナーを使ったチューニングよりはずっとわかりやすいはずです。

チューニングという行為は、予備知識なく一人だけでするには何よりも難易度が高いと思います。失敗すると弦も切ります(弦の巻きすぎが原因)。弦を切った時のショックはなかなか怖いもので、この恐怖は何年ギターをやっていても慣れるものではありません。僕も人生一番最初のチューニングは1弦を切りました(30年経った今でも覚えています)。

最初のうちはチューニングがうまくいかなくて弦を切ってしまうのはしょうがないです。なので何セットか替えの弦を用意しておいたほうが安心でしょう。

ギターという楽器は、周りの温度やギターの状態によってすぐチューニングがずれます。チューニングして、練習を始めて、その1時間後でもずれてる時もあります。プロもステージ演奏中に何度もチューニングをしなおしたりします。我々も最低限、練習の前には必ずチューニングするようにしてください。

どうしてもチューニングがうまくいかない人は、こちらのページもごらんください。→チューニングができない人のために

 次のページ>>
おすすめ記事&広告

超初心者コース
チューニングのやり方
初日から7日目までの練習メニュー
練習の前に爪を切ろう
初めてのギター選び1万円コース
初めてギターに触れる人のために
コードの弾き方
ギターコードの弾き方
コードダイアグラムの見方
ギターコードの難易度を数字で示す
Cが弾けない人のための動画
Gには押さえ方が二つある
Fを克服しよう
Cは6弦を弾くのか否か?
このコードはこう省略してみよう
分数コードを弾いてみよう
分数コードを省略してみよう
バレーコードで指が痛くなるのは?
ハイコード&パワーコードの弾き方
ハイコードを使いこなそう
カンタンに弾けてカッコイイコード進行
チューニングコース
チューニングができない人のために
チューナーの使い方
キャリブレーション合わせ
チューニングは必ず2周しよう
ピキッとなる怪音の正体
半音ダウンチューニングのやり方
オクターブチューニングの調べ方
ストロークの弾き方
8ビートストロークの弾き方
16ビートストロークを弾いてみよう
シャッフルストロークを弾く
ストロークに強弱をつけてみよう
ストロークのクセを直そう
ストロークをミュートさせる方法
倍速ストロークの弾き方
曲終わりのジャカジャン!を弾く
ストロークを文字で示そう
ストロークとコードチェンジがうまくなるための12フレーズ
sus4とハンマリング編
ミュートを含めたストローク編
速い16ビートストローク編
アルペジオの弾き方
アルペジオの弾き方
アルペジオは何弦から弾くのか?
きらきら星をソロギターで弾く
コードチェンジ
コードチェンジのコツ
バレーコードで音が途切れる人
ルーズなコードチェンジ
音楽知識
今さら聞けないコード譜の読み方
ギターに絶対音感は必要か?
知っておくと役にたつ音楽用語
カポの便利な使い方
曲のキーを知ろう
曲のキーとプレイキーの違い
曲のキーを変えてみよう
耳コピのやり方(コードの探し方)
効果的な練習方法
曲が弾けない人のための基礎練習
夜にギターを弾く方法
ピックを持ち替えて練習してみよう
メトロノームを使った基礎練習
小さい音で練習してみよう
大きい音を出す練習をしてみよう
コンサートをする人
ライブに出てみよう
アコギの音をライブで出す時
自分の声の高さを知ろう
楽譜を暗譜しよう
いろんなケーブル&端子の形
アコギ用ギターアンプの使い方
豆知識などその他
ギターに入ったピックを取り出す
ギター練習にオススメのアプリ紹介
ギターピックの特徴
コード譜を信じるな(?)
ギター初心者によくある質問
ギター用語集・奏法編

サウンドハウス